So-net無料ブログ作成

毎月一日に健康を願って赤飯を食べるのはウチだけですか??

新年がやってまいりましたーー!!
元旦ですね♪

特段いつもの生活と変わりませんが;
ま、やってるテレビN内容が違うので
曜日感覚だけ狂っちゃうんですけど。。

私、正直このクリスマスからの年末年始にかける
『そわそわ感』があまり好きではありません;
時間の感覚とか配分が狂って
なんとなく自分のペースがつかめない感がなんとも好きではありません;

当たり前なんですけど。。。
元旦も一日ですね(笑)

我が家では
なんでか知りませんが
ずーーーーーっと前から
毎月一日は【お赤飯】を食べる習慣があります。
たぶんですが
お赤飯でなくとも
小豆を食べれば良い的な感覚なのだと思います。

ずいぶん昔にふと不思議に思って
何で毎月わざわざ一日にお赤飯なのかを尋ねると。。
健康?のため??とかって言われた気もするんですが。。
MEDETAI.png

実際に
同じような習慣の人がいるのか
さっきからまた気になってきたんですけど

今朝のお赤飯はまた絶品でした☆

調べると。。
太陽太陰暦を含む太陰暦では、
朔(新月のことをいう)を月の始まる日
「1日」とするのだそうで

【おついたち】という呼び名で
同じような習慣はあるみたいでしたよー。

月の始まりのことを
【月立ち(つきたち)】が転じて
『ついたち』とよばれて、
朔日は『ついたち』と訓読みをし
【朔】だけでも『ついたち』と読むようになったそうです。。

【おついたち】には本来は
元旦と同じくらいの思い入れがあるんですってー。

『今月もおついたちを無事に迎えられた!』と言うよろこびと
月の初めに
『この1カ月うまく商売が出来るように』と
願いを込める大切な日なのだとか。

健康だけじゃなくって、商売繁盛もお願いに含まれてたんですねー♪


昔から商家では
『おついたち』には『まめ』に働けるように『豆ご飯(赤飯)』と、
粗利が大きく繁盛するように『あらいめ』という
海藻を食べる習慣があったそうです。
この豆ご飯を食べる習慣が
現在の『お赤飯』を食べる習慣につながっているんですねー。

ていうか、
調べてて初めて知ったんですけど
お赤飯って
小豆じゃなくって
『ささげ』っていう小豆みたいなべつの豆使うんですね;
知らなかった。。。。;


ささげはお赤飯に使う前に水につけおきし、
火にかけて煮汁を作るという工程ですが
その煮汁を作るときに
自然の色を使っておいしいお赤飯を作ることで

ささげの、ポリフェノールや
ビタミンB1がたっぷり含まれた
美容にも嬉しい健康食に仕上がるんですねー☆
昔から赤い色には邪気を払う力があるともされているそうですしー。

こういう健康的で赤いパープルフード
一日に健康を祈り食べたという風習には

抗酸化物質のポリフェノールを摂るという意味もあったんじゃないですかねー?

今年も明けてすぐにパープルフードのお世話になりましたので
健康第一で暮らせたらなぁ。。思います☆
みなさまにとっても
よい一年でありますよーに!!

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 1

とみい

はじめまして!

おついたちのお赤飯、私も子供の頃から食べています。祖父母が大阪の出身で、代々なにわ商人の家のせいかもしれません。
母方は三重ですが、お伊勢さんには朔日参りという風習があります。
諸説あるようですが、過ぎた一ヶ月と これから始まる一ヶ月への礼儀なのでしょうね。
by とみい (2016-07-03 00:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © ショサイxocaiエナジードリンクXeの素晴らしさ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます